スロウ・ダウンの中の一匹

2017.06.20 Tuesday

0

     

     

     

    ここのところ週一回通ってるカウチン・リバー。週2回通ってるナナイモの釣り仲間サムのメールによると、ホースシューをはじめとする中流域ではサマーモードになりサイズの良い型は出難い状況とのこと。彼は午前中しか釣りをしないのだけど、バイトも2、3回、釣果も1、2匹と厳しいらしい。私が3週間前に良い型が連発したのがピークだったかな。水位もかなり減ってきており、そろそろ中流域よりも上流のフライゾーンの方が釣りになるかもしれない。それでも数日前にサムが大きいサイズを掛けてバラしてしまったというホースシューの崖崩れのポイントをチェックしたくて、やってきた。そのポイントはホースシューの最後にあるので、一応最初の早い瀬のポイントからフライを流していく。

     

    先週あたりから使い慣れてきたOPSTコマンドヘッド250grにヴァーサリーダーのシンンクティップ10ftとランニングラインBerkleyのBig game25lbの組み合わせは#5スイッチロッドにドンピシャ。力まずにロッドに仕事をさせる気持ちで軽くキャストすれば、ラインは対岸近くまであっさりと飛んでいく。ラインが軽いからと言って、ヘタにロッドに負荷を掛けようとすると逆にキャスティング・トラブルになる。この日はオリーブのチューブフライを付けてみた。この春から実はサーモン用のチューブフライを少しづつ巻き始めていたのだ。そのバリエーションをトラウト用に作ってみた。私がお手本にしているのはユーロ・スタイルのチューブ・サーモン・フライで長めのオーバーウィングが特徴。このオーバーウィングのマテリアルはフォックス・テイル、テンプル・ドッグ、ラクーンなどのやや長めのファーが使われるのだけど、丁度硬め系ディア・テールバックやポーラ・ベアと柔らか系マラブーの中間といった感じで、ある程度のコシと柔かさを兼ね揃えた優れもの。水の中ではグワっと膨らんだりしてゾンカーに近い動きをする。あ、ゾンカーそのものもよく使われますね。ただこれら長めのファーは通常のフライではあまり使われないので、お店に置いて無いケースが多し。なので私はネットで手に入れた。そんなこんなでユーロ・チューブ・サーモン・フライに関しては、最近、いろいろと試行錯誤しているので別の日にあらためて書いてみたい。

     

    3週間前にあれだけポンポンとトラウトが飛び出してきた早い瀬からは全く反応がなかった。水位はやや減っているとはいえ、朝の8時前後で水温がさほど上がってるわけではない。どうも納得いかないので、フライの色をブラックに変えてこの区間をもうひと流ししてみることに。それでもやはり魚からの反応は無かった。後半のテールのポイントに移動し一歩一歩ステップダウンを繰り返すも、手にしたロッドに魚の反応を感じることはなかった。サムが教えてくれた崖下の深めのポイントに近づいたので、ここはじっくりと攻めてみようとフライを実績のあるオリーブに結び変えた。ここは胸の下あたりまでの深いウェイディングを強いられる。対岸近くまでフライをキャストしてすぐに上流へ軽くメンディング、早めにフライを深みに送り込む。フライ先行で流れるようにフライラインを微調整するのだけど、短いコマンドヘッドはこれがとてもやり易い。フライラインが流れを受けて弓なりになりフライが方向転換しスィングし始めた頃に、ロッドにズンっという重さを感じた。やっと来た。少し時間を掛けて魚を慎重に岸に寄せると20インチ前後のブラウンだった。もしかしてサムが掛けてバラした奴かも知れない。この日、このホースシューではこの一匹だけ。その後、バイブル・キャンプでも魚の反応は無くて、結局、今週もワン・バイド、ワン・フィッシュとなった。それにしてもバレなくて良かった。

     

     

     

     

     

    にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
    にほんブログ村

     

     

     

    スポンサーサイト

    2017.10.19 Thursday

    0
      コメント
      matsuさん、こんばんは(^^
      #5スイッチでシンンクティップ10ftを付けてコーンヘッドのように見えるチューブフライ、キャストが大変そうに思えますが、さすがです!おいらにはきっと、抜けないどろうな〜と思います(^^
      ステキなシルバーブラウンです!
      • by エンゴサク
      • 2017/06/27 8:10 PM
      こんにちは、エンゴサクさん

      ご無沙汰しております。相変わらず休みなく釣っている様子ですね。
      チューブフライ専用のコーンヘッドって、肉厚が無くて案外に軽いのですよ。
      なので全然問題なく抜けますし、投げられますよ。
      特に短いコマンドヘッドはなぜか知らないけど飛ぶようです。
      細めのモノフィラのランニングラインが肝ではありますけど。
      • by matsu
      • 2017/06/27 10:52 PM
      コメントする