チャム・サーモン、スーク・リバー二回目

2017.10.06 Friday

0

     

     

     

    前回、パープル、ブルー系のあっさりしたストリーマーがとても反応が良かったので、新たにフライを追加制作。どちらかというとブルーよりはパープルの方が反応がよかったので今回はパープルをメインにした。フライのボディはラメ系パープルのチューブマイラーをテールから巻き付け、Senyo Aqua Vell Chenille/Wild Raspberryをひとつまみ切り取ってウィングの代わりにしたとてもシンプルなもの。先週、このSenyoの素材を使ったフライの反応が特に良かった気がしたからだ。ボディとSenyoの間にフォックスの白を少しだけ挟んで背中を少し持ち上げた。流れがほとんど無いので、これはあっても無くてもあまり関係はない気はするけど。

     

     

     

     

    うっすらと朝もやがかかった鏡面状態のいつものプールに着いたのは朝7時半、まだ他のフィッシャーの姿は見えない。早速、岸際に立って新しいフライを17ポンド・ティペットに結び、ランニングラインを12ストリップほど引き出す。ラインはRIOのScandi Body、このライン、この手の鏡面サーフェイスに対するソフト・プレゼンテーション能力は秀逸。スローのシンクティップを使いたいので、ティップ抜きの長さが23フィートというのは絶妙だと思う。12フィート台のショート・スペイや11フィート前後のスイッチ・ロッドにぴったりだ。ゆっくりしたモーションから手前でセット、対岸スレスレまでキャストしフライが沈むのを少し待つ。5回ほどゆっくりとリトリーブした後にツン..という反応に軽くロッドを立てると川底に首を振りボディをくねらすチャムサーモンが見えた。ファースト・キャストでファースト・バイト。トルクのあるオスのサーモンと時間を掛けてやり取りする。岸部に寄せるとフライは上あごの先端に掛かっていた。リリース後、セカンド・キャストをするとこれにもすぐに反応があった。これも無事、岸部にランド。フライは最初に結んだままだ。サーモンの歯で傷んだフライを交換しようかと思ったけど、ティペットの傷だけ確認して、そのままのサード・キャストに入った。まさかね、これには来ないだろう。ズン、また来た。最初の3回のキャストで3匹釣ったのは初めてだ。

     

     

     

     

    このシンプルなパープルのフライはこの日の必殺フライだった。8本ほど巻いたフライは、すべて使われてボロボロになってしまった。フックがオープンしてしまったり、ボディがサーモンの鋭い歯でちぎられたりした。さすがに同じフライだけでは見切られるので、間に他のフライも挟んでローテーションするのだけど、他のフライにはほとんど反応を示さない。そのうち、またこのパープルのフライに戻すとバイトが戻ってくるのだった。15匹あたりまで数えていたのだけど、その後、数えるのを忘れてしまった。十分に釣ったしフライも使い果たしたので12時にはプールを後にした。

     

     

     


    にほんブログ村