スポンサーサイト

2019.06.27 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    トランス状態

    2018.10.15 Monday

    0

       

       

       

      再びスークです。やっと単独釣行。川の状態はピークで釣り易いというのは知ってたのですけど、結論から言うと自己最高、記録的に釣りました。朝の8時から午後3時まで、昼まで20匹ほど、後は数えてませんので分かりませんが、30匹前後? 何なんですかね、何かが外れたトランス状態。3、4回キャストすると1回ヒットするような感じで、もちろんバレるケースも多いのですが、自分だけ周りから完全に浮いてました。サーモンの活性と使用した全てのフライが完全にツボにハマった感じ。同じポジションに立ちっぱなしで、キャスト、ヒット、ランディングを繰り返してました。いや、周りの人はそんなに釣ってません。フライパターンとか、引っ張り方とか、釣れる条件をクリアしてなかったのでしょう。昼ぐらいにもういいかな、帰ろうかな、と思ったのですけど、こんなチャンスはあまり無いので限界まで釣りまくることに。通常、午後の時間で潮が満ちてきて川の水位が上がると食いが止まる傾向にあり、それが釣り終了の合図となるケースが多いのですけど、この日はサーモンのバイトが止まらず、そのきっかけを失ってしまいました。

       

       

       

       

      周りのフィッシャーからフライの色を頻繁に聞かれたのですけど、自分はフライのローテを繰り返しているので、グリーン、パープル、レッド、ブルー、ブラックなどと答えるのですが、「こいつ、ヒットカラーを教えたく無いわけね..」と思われたかも知れません。自分が過去データから選んだフライがフライローテのタイミングで全てハマってしまったと言うことです。

       

       

       

       

      魚が群れてる状態で活性が高い場合、と言うか、数が多ければ必然的に活性は高くなるのですけど、底をしっかり取ってスローで引いてあげれば必ず釣れます。連続して釣り続けるには最後の要素であるフライが鍵。今の時期、ピークから終盤に向かう頃のフライはスリム系ノンウェイトがメインになり、序盤で使ったテール付きウーリー系のバルキーなフライはお役御免。周りのフィッシャーのフライを見ると、フライのボリュームが大き過ぎる傾向にあるようです。通常、2匹釣ったらサーモンに見切られるのでフライを変えますが、変える場合も過去の同じ時期に釣れたフライにします。要するに終盤タイプのシンプルなフライをどんどん廻して行きます。これらのフライは過去にヒットしたフライに改良を加えて使い続けてまして、言うなれば熟成されてます。もちろん、ここスークの限定バーションではありますけど。時間が経ったら、脳みその小さなサーモンはすぐに忘れるのでまた最初のヒットフライに戻ります。この繰り返し。

       

      周りのフィッシャーはどんなフライを使ってるのかとしつこく聞いてくるので、フライを見せるのですけど、ほぼオリジナルのパターンなので残念ながら彼らのフライボックスにはありません。それで色味、形の近いフライを使うようですけど、効くこともありますが、効かない場合も多いです。ラインからティップの重さと長さ、ティペットとフライの距離など、もちろん違いますし、何よりリトリーブのスピードが違うのでフライが似ていても状況は異なるわけです。

       

      これだけサーモンを管釣りトラウト並みに数を釣ると、かなりデカいのが混じってきます。15から20ポンドクラスが4、5本ありました。もちろん全てオス。メスも割合も多くなり3分の1くらいだったかな。メスは先に川に入ったオスよりもフレッシュなので、サイズの割にそのファイトは凶暴です。ボディもシルバーの色味を残し、高くジャンプするとコーホーそっくりで2度ほど間違えました。アップした写真のサーモンはこの日のビッグ3で全て15ポンド以上、20ポンド近いものもありました。SAGEのダブルハンドがシングルハンドロッドのサイズに見えてしまいます。

       

       

       

       

       

       

      この日は前回と違い、ロッドがほとんどの仕事をしてくれました。リールは弱めのドラグ設定で脇役に。いやぁ、バットの強いダブルハンドってほんと、サーモンとのやり取りが楽です。走りをバシっとしかもスムースに止めてくれます。このSAGEのTCXは#7なんですが、20ポンドクラス、全く問題なし。ノーマルのキングサーモンよりも大きなチャムを軽くイナしてましたわ。そのかわり終日、全身で大型サーモンとファイトし、ロッドを振り回していたせいか疲労困憊、体がガタガタ。帰り道、車まで戻るのにほんとシンドかった。還暦過ぎのオヤジはこんな釣りをしてはいけないのかも。もうスークのサーモンは完全燃焼かなとも思うのですが、隣のフィッシャーが綺麗なコーホーを釣りましてね、今季コーホーは釣ってないので心残り。来週、最終戦かな、多分。

       

       

      にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへオマケ。隣で釣ってた若い女性がガシガシとサーモンを釣ってました。キャスティングも結構上手でしたね

      若い女性フィッシャーが釣り場に居ると男の狩猟場の空気が妙に和みます。

       


      にほんブログ村